日光沢温泉(栃木県日光市)女夫淵温泉より八丁の湯、加仁湯を経て約80分。鬼怒川の清流沿いに整備された遊歩道だが、日光沢温泉から先は本格的な登山道となり、鬼怒沼など各方面へと続いている。日光沢温泉は鬼怒川と日光沢の合流地点にあり、周囲には山々が迫って谷間の地形をなしている。木造2階建がL字型に建ち、その年季の入った佇まいは山の宿にふさわしく、日本の原風景としての郷愁をも感じさせる。林道も電気もなかった時代にこれだけの規模を建築し、また維持してきたのだから、並みの苦労ではないだろう。「関東地区高等学校体育連盟登山部指定」の看板もあり、ここで育った山男も少なくないはずだ。

日光沢温泉(栃木県日光市)玄関先に吊るされた鐘を鳴らして訪問を知らせると、宿のお兄さんにより先に2歳のマスコット犬が出迎えてくれた。日帰り入浴客が利用できるのは2ヶ所ある混浴露天風呂のみ。玄関で宿のサンダル(俗に言う便所用)に履き替え、建物の外から川のほうに直接階段を下りていく。上段の湯船のそばに棚のみしつらえた脱衣所があり、下段の湯船は裸のままでさらに数段下っていく。湯船はどちらも3〜4帖分の大きさで、源泉かけ流し。カランなどの設備はない。

日光沢温泉(栃木県日光市)日光沢温泉(栃木県日光市)
上段はタイル張りの湯船で、無色透明のお湯。頭上と背後に雑木林が覆い、正面に対岸の斜面を眺める。自然を間近に感じることができる雰囲気だ。


日光沢温泉(栃木県日光市)日光沢温泉(栃木県日光市)
下段はコンクリートづくりの湯船で、青白くにごったお湯。湯船に注がれる源泉は透明なので、時間の経過や気候の変化で白濁するようだ。わずかに硫黄のにおいも漂う。鉄製の波板が景観を壊しているように思うが、河原からの目隠しの意味で設けているのだろうか。

源泉の個性では下段の湯船に、雰囲気では上段の湯船に軍配が上がりそうだ。どちらもぬるめだったので、秋風を感じながらの長湯で気分も上々。今回は八丁の湯、加仁湯、日光沢温泉をはしごしたが、それぞれ甲乙つけ難い山のいで湯であった。いずれは手白澤温泉も訪れてみたい。

日光沢温泉
源泉/奥鬼怒温泉
     (日光沢D・千枚岩混合泉:ナトリウム−塩化物泉)
     (日光沢C・E混合泉:含硫黄−ナトリウム−塩化物泉)
住所/栃木県日光市川俣874 [地図
電話/0288-96-0316
交通/東武鬼怒川線鬼怒川温泉駅よりバスで約100分、女夫淵温泉より徒歩80分
料金/500円
時間/9:00〜15:00

湯西川・川俣・奥鬼怒温泉観光協会