長野県でお花見スポットといえば数多くあるが、小諸の懐古園は「日本さくら名所100選」に数えられる人気スポットである。懐古園は「白鶴城」「酔月城」と呼ばれた小諸城跡を、1880年(明治13)に整備した公園で、広大な敷地には微古館(史料館)、動物園、児童遊園地、藤村記念館などが点在する。500円の入園券ならすべての施設を訪れることができるが、お花見なら300円の散策券がおすすめ。主に馬場に整備された桜はソメイヨシノ、ヒガンザクラなど約300本。小諸が発祥だという「小諸八重ベニシダレ」も美しい。また、動物園も訪れることができるので、ちょっと得した気分だ。

懐古園懐古園
懐古園懐古園
懐古園懐古園

C56-144(懐古園)懐古園懐古園
懐古園懐古園懐古園


渥美清こもろ寅さん会館懐古園酔月料金所より少し歩いたところには「渥美清こもろ寅さん会館」がある。館長が渥美清氏や山田洋次監督と親交が厚かったことにより、平成7年6月にオープンした。館内には「男はつらいよ」などをはじめとした映画関係資料や秘蔵写真などが展示されている。なお、小諸市は「男はつらいよ〜寅次郎サラダ記念日」(1988年12月公開)のロケ地になっている。

渥美清こもろ寅さん会館
※大人500円(高校生以上)、子供300円(小・中学生)、幼児無料。4月〜11月は9:00〜17:00(無休)、12月〜3月は10:00〜17:00(水曜定休)。


小諸市観光協会
財団法人日本さくらの会
男はつらいよ40周年公式サイト

懐古園
住所/長野県小諸市丁311 [地図]
電話/0267-22-0296
交通/JR小海線・しなの鉄道小諸駅下車すぐ
料金/入園料:大人500円、小中学生200円
     散策券:大人300円、小中学生100円
時間/8:30〜17:00
     12月〜3月中旬までの毎週水曜日と年末年始は休園
     遊園地は12月1日〜3月中旬休園