相模台浴場(座間市相模が丘)小田急相模原駅を最寄りとする銭湯は3軒あるが、今回紹介する亀の湯があるのは駅から徒歩10分の住宅街の一画。駅南口を降りたら西へ。客引きの鬱陶しい風俗街(といっても小さなエリアだが)を過ぎたら、住宅街をはさんで線路と並行する道を西側に一直線。暗渠の遊歩道「さがみの仲よし小道」の起点にあるのが亀の湯である。周囲には低層の住宅が建ち並び、その中で亀の湯と、両側に併設するコインランドリーの明かりがまぶしく灯っている。

銭湯らしくない無骨な外観だが、入ってみると番台式の庶民的な風情。銭湯組合のホームページによると「入浴中のお客様は見えないようにしてあります」とあるが、実際にジュースのショーケースなどでうまく目隠しされている。脱衣所内は店主が撮影したのか全国各地の観光地の写真が飾られており、こぎれいで好感が持てる。

浴室に入ると、女湯との間仕切壁側から7、中央に5-5、そして窓側に4つのカランが並んでいる。固定式シャワーが付いているのは中央列のみで、ほかに立ちシャワーが1ヶ所ある。窓際にカランが少ないのは、サウナと水風呂を備えているため。しかしサウナは「諸般の事情により」休止中、よって水風呂の湯船も空っぽ。

湯船は浴室の奥にある。ジャグジーが約2帖分、ガリウム石を使用したバイブラ湯が約3帖分の大きさ。「地下水が豊富なので毎日入れ替えています」というが、むしろ入れ替えなくてはいけないのが銭湯ではないのか。地下水が豊富だというのは別の話だと思うが。日曜日は「森の香り」、火曜日は「ラベンダー」の入浴剤を入れているという。客の要望が多いためだというが、なぜ週2日なのか?なぜ入浴剤が決まっているのか?素朴な疑問だ。とはいえ、住宅街のなかの憩いの場的な雰囲気には好印象。サウナの復活を遠巻きに祈りたい。

相模台浴場(神奈川県浴場組合)

相模台浴場
住所/座間市相模が丘2-13-9 [地図]
電話/046-252-0830
交通/小田急線小田急相模原駅より徒歩10分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:30〜22:00、毎週水曜日定休