いなり湯(横浜市中区大和町)いなり湯(横浜市中区大和町)

根岸線山手駅を降り、商店街をまっすぐ歩くこと約5分。山手というと名前のイメージからハイカラな町を想像するかもしれないが、個人商店が建ち並ぶ商店街は下町の雰囲気。いなり湯はそんな雰囲気の中にある。昔ながらの風格を感じさせる外観ではあるが、緑のタイルで仕上げた玄関部分が印象的。屋号の「な」の字は「奈」の崩し字で、これまたシブイ。銭湯なのに温泉が湧いているという点で、銭湯ファンはもちろん温泉ファンにも有名な銭湯だ。

いなり湯(横浜市中区大和町)いなり湯(横浜市中区大和町)

玄関部分は左右から通り抜けられる構造で、通り側に下駄箱が、その反対(通りを背にした側)に男湯と女湯の入口がある。番台式でいきなり脱衣所だが、棚の上には熊の置物や金魚の水槽など、壁にはカレンダーや演歌歌手のポスター。相撲界と縁があるのか番付表や力士の写真、手形。年代物のマッサージ椅子、身長計、体重計、ぶら下がり健康器。外にはコインランドリー併設なのに、脱衣所内にも洗濯機と乾燥機。とにかく物が多い。椅子の上には看板娘ならぬ看板猫がちょこんと座っていたが、ふとした隙に浴室へ。その後、番台のおじさんに連れ戻されたんだろうなぁ。

浴室はカランが8、8-8、5-5、5といった具合に並んでいる。中央に島式カラン2列は珍しい。両側の壁際のみ固定式シャワーつきで、ほかに1ヶ所立ちシャワーがある。女湯との間仕切りの壁には、西洋の湖畔の風景が細かいタイルで描かれている。そして間仕切壁の上、大黒柱のところにはなぜかドラえもんの模型。1mほどの大きさは等身大なのか?男湯と女湯を見下ろしている。

S字っぽく変形した大きな湯船は、一部にジャグジーとバイブラ湯が設けられている。亀にまたがった女性裸像がオブジェとして置いてあり、亀の口からお湯が注ぎ込まれている。この和洋折衷をなんと表現したらよいものか。そしてもう1つ、温泉の湯船がある。透明度15cmほどの真っ黒なお湯で、そして熱い。温度計を見ると46℃を指している。この湯船は電気風呂になっているので、いきなりビリビリとした刺激。足は当然だが、手すりのパイプにつかまっただけでもビリビリする。正面に電気パネルがあるので、横から入ると良いらしい。湯船の上には鯉と金魚のタイル絵。そしてその上には大きな富士山のペンキ絵。

平日18時頃に訪れたのだが、地元のじいさんや仕事帰りのおじさん達でなかなか賑わいだった。横浜市には約20軒の温泉銭湯があるらしいが(「旅の手帖」2009年1月号)、いなり湯は温泉通の郡司勇さんが「泉質重視で選んだ関東日帰り湯20選」(「自遊人」2008年11月号)として推薦していることもあり、今後ますます注目を集めるのではないだろうか。

いなり湯(神奈川県浴場組合)
いなり湯(横浜市浴場組合)

いなり湯
源泉/横浜温泉(ナトリウム−炭酸水素塩泉)
住所/横浜市中区大和町1-12 [地図]
電話/045-623-8771
交通/JR根岸線山手駅より徒歩5分
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜24:00、毎週火曜日定休