よし乃湯(座間市さがみ野)相鉄線かしわ台駅の特殊な構造をしており、東口はホームの端にある跨線橋を渡り、線路沿いの通路を350m歩いた先にある。すぐ近くにあった大塚本町駅が廃止となり、現在地にかしわ台駅が誕生したのだが、かつての駅利用者の利便性を図るために駅舎とホームが通路として活用され、このような構造になったのだという。現在かしわ台駅の利用者は20,000人弱だそうだが、ネットで調べてみると約1割がこの通路を利用しているようだ。電車を降りてから改札を出るまでに4〜5分。東京の地下鉄の出口じゃあるまいし、この距離はやたらと長い。

東口を出て、県道藤沢座間厚木線へ出たら北へ。しばらく歩くと、「相模健康ランド」(→記事)のド派手な看板が見えてくる。よし乃湯があるのはその手前。通りの角にはタバコ屋兼コインランドリーの「よしのや」があり、その隣によし乃湯がある。とてもシンプルな外観に「ゆ」と朱書きされた看板を出しているが、屋号や暖簾は出ていない。地元の人にとってはそんなものはなくたっていいということだろう。

訪れたのが夏休み中だからか、小学生の女の子がフロントに座り、ソファでくつろぐおじいさん店主の手伝いをしていた。店を出るときにフロントにいたのはお母さんだったから、典型的な家族経営ということで何とも微笑ましい。ロビーはやたらと広く、地元の人の社交の場となっていた。脱衣所もやたらと広く、丸椅子2つと灰皿だけポツンと置いてある。壁際にロッカーもあるが、傍らには脱衣籠も。とにかくがらーんとした空間だった。

浴室に入ると、手前には20ほどのカランが列になって並んでいる。すべてに固定式シャワーつき。湯船は奥のほうにジャグジー座湯、白湯、水風呂。大きさも種類もごく普通の銭湯だなぁという印象だったが、素晴らしいのはサウナがタダで利用できること。神奈川県内では別途料金が当然なので、なんだか得した気分だ。3帖ほどの湿式サウナでたいして高温ではないのだが、座面のタイルが熱いため、洗い場の椅子を持って入ること。これがよし乃湯での暗黙のルールとなっているようだ。

せっかくなのでサウナ→水風呂を2度ほど繰り返す。たまたま客が少なかったのか、湯船もほとんど独占状態で満喫させてもらった。同じくかしわ台駅しかも東口を最寄りとし、よし乃湯からそう遠くないところにある「ひばりの湯」(海老名市東柏ヶ谷)もサウナが無料で利用できる(→記事)。それがこの地域の常識? ありがたいし、この地域の人たちがうらやましい。

よし乃湯
住所/座間市さがみ野1-9-2 [地図
電話/046-251-1304
交通/相鉄線かしわ台駅東口徒歩7分
     またはさがみ野駅徒歩8分
     県道42号線(藤沢座間厚木線)「大塚本町」交差点より北へ約450m
     ※タバコ屋(よしのや)の南寄りに無料駐車場あり
料金/大人450円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜23:30、不定休