ゆ処こでん(湯河原町宮上)湯河原温泉街の手前のほうにある温泉施設で、温泉街へといたる道沿いにある。わりとこじんまりとした建物で、しかも通りから奥まって建っているので、看板に気づかないと通り過ぎてしまうかも。現地の看板でも、またホームページでも宣伝しているとおり、食事や宿泊も行っており、日帰り入浴は宿泊客が利用する前の時間帯に限られる。

脱衣所は100円ロッカー(返却式ではない)と脱衣籠だが、貴重品があればフロントでも預かってくれる。浴室は偶数日・奇数日の日替わりで男女が入れ替わるらしく、訪れた日は男湯が内湯のみ。女湯は露天風呂つきだった。クチコミ評価するサイトをチェックすると、露天風呂がない代わりに「ステンドグラス風呂」というのが地下にあったらしいのだが、その存在にはまったく気づかなかった。脱衣所から出入するらしい。もっと目立つようにちゃんと書いてくれないと…。

さて、この日の内風呂は本格的な岩風呂で、大小2つの湯船がある。大きいほうはまぁまぁのゆったり感。ならば小さいほうの湯船は温度を変えるとか、ジャグジーをつけるとか何かしらの相違点をつくったら良いのではと思う。源泉は無色透明で循環式、若干の塩素臭が残念だが仕方がない。窓の数が多くないのでちょっと薄暗くも感じるが、落ち着きがあるとも言えるわけで。ちなみに窓の外には石灯籠と若干の植栽のみ。料金的に消化不良は否めず、次に訪れるときは露天風呂のある日にしたい。

風呂上りは畳敷きの広間を利用。自販機もあり自由に寛ぐことができる。壁に貼ってあるチラシを見ると、立川志らく一門を招いての寄席をときおり開催しているようだ。もちろん追加料金は発生するのだが、これも企業努力と差別化だろうなぁ。いずれにせよ湯河原温泉で気軽に日帰り入浴できるところは意外と少ない。よって当然候補のひとつになると思うが、温泉施設としては平均点だろうなぁ。

ゆ処こでん
源泉/湯河原温泉(ナトリウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/足柄下郡湯河原町宮上450-2 [地図
電話/0465-62-3837
交通/JR東海道線湯河原駅バス約10分「病院入口」停そば
料金/大人1,000円、子供500円
     貸切風呂40分1,000円(延長10分ごと200円)
時間/10:00〜18:00、毎週火曜日定休

(追記-2011/4/20)
昨年廃業したようです。