おあしす湯河原駅近くにある「おあしす」は、玄米菜食や半断食などの宿泊コースで差別化を図る温泉施設。アロマオイルなどを利用した各種トリートメント、岩盤浴なども行っている。ホームページによると、『心と身体のおあしす』となる施設を目指し、平成15年にオープンしたのだという。

駅前の住宅街にあり、温泉銭湯の「城堀湯」(→記事)にもほど近い。3階建のビルの塔屋に大きな看板を、通りに面して長のれんを出している。日帰り客と宿泊客のどちらが多いのかわからないが、場所的に目立つわけではないので、知る人だけが訪れるといった感じか。

おあしす浴室平日の昼間だからか先客はおらず、脱衣所も浴室も節電していて真っ暗だった。「先客はおらず」と書いたが、床の乾き具合からしてまだ誰も訪れていなかったのであろう。棚にカゴを備えただけの狭い脱衣所だが、浴室も3帖ほどの狭さだった。カランこそ2つあるが、湯船は明らかに1人用。親子ならまだしも、他人との入浴は気を遣いあうことだろう。石造りの湯船で、ふちには「大沢くずれ」という天然石、浴槽内部にまだらに見えるのは「伊豆石」であるらしい。

この施設が素晴らしいのは、加水・加温・循環ろ過・塩素消毒のいずれをも一切行わない、天然のままの温泉が楽しめることだ。こうした施設は湯河原だとほかに「ままねの湯」(→記事)があるが、あちらはものすごい熱湯で有名。おあしすはちょっと熱めの掛け流し。身体の内部からじんわりと温まる。

ただ、浴室の中で出たり入ったりを繰り返すのも限界がある。窓を開けても隣の家が見えるだけ。さすがに長風呂できるもんじゃない。そうするとこの入浴料はちょっと高いかも。もちろん「おあしす」のコンセプトは十分に納得できるのだが。

おあしす
源泉/湯河原温泉(ナトリウム・カルシウム−塩化物・硫酸塩泉)
住所/足柄下郡湯河原町土肥1-13-3 [地図
電話/0465-62-5334
交通/JR東海道線湯河原駅より徒歩4分
料金/800円(2時間まで)
時間/13:00〜20:00