ひばりの湯(海老名市東柏ヶ谷)ひばりの湯は海老名市唯一の銭湯だが、100mほど南は綾瀬市、300mほど北は座間市という場所にある。かしわ台駅の長い通路の先にある東口、あるいはさがみ野駅南口のちょうど中間。スナックなどが点在するものの、周囲は低層住宅が軒を連ねる閑静な住宅地。なぜこんなところに銭湯があるのか不思議な感じもする。

小さなコインランドリーを併設。煙突はともかくとして、建物の両側に灯る看板と玄関先の赤い庇を見て銭湯だとわかるが、どちらかというと住宅地に調和した控えめな外観だ。フロント式で、その両側に脱衣所の暖簾が男女別にかかる。ロビーにはソファ、自販機、テレビを設置。脱衣所にもベンチと自販機があり、タバコはどちらでも吸える。

浴室は左右と中央にカランが21。固定式だが全てにシャワーが付いているのは珍しいかも。ほかに立って使うシャワーが2つ。湯船は4帖ほどの大きさで、足を置くところが部分的に深くなっている座湯ジャグジー、そしてバイブラ湯。手すりで半分ずつに仕切られている。バイブラ湯側の壁には「ガリウム温浴泉」という見出しにつづいて、「ラジウム素石が浴槽の中に埋め込まれている」といった趣旨の説明文が掲げられている。ガリウム(→Wikipedia)とは何ぞや?という疑問はさておき、きっとありがたい効能があるんだろうなぁと思う。温度計では42℃を指していたが、実感としてはそれ以上に熱かった。皆さんさっと温まるだけ。その代わりサウナと水風呂を何度も往復していた。たいていの銭湯ではサウナは別料金だが、こちらでは無料。3帖ほどの小さなサウナだが、タダならばありがたい。

女湯との間仕切りの壁にヨーロッパのお城の風景と思われるやたらと幅広のタイル画、湯船のわきにクラシックカーと女性という西洋趣味の小さなタイル画。湯船の上には竹林をイメージした絵が描かれている。常連と思われる方々が入れ替わりで常に5〜6人。湯船に人がいなくなることはあっても、サウナから人がいなくなることはない。本末転倒な気もするが、こういう銭湯もまた面白い。

ひばりの湯
住所/海老名市東柏ヶ谷1-13-6 [地図]
電話/046-231-3597
交通/相鉄線かしわ台駅東口より徒歩7分、さがみ野駅より徒歩8分
     ※駐車場10数台分あり
料金/大人430円、小学生以下180円、未就学児80円
時間/15:00〜24:00、不定休