ラムネ温泉館長湯温泉の町を歩いていると、白と黒のストライプの外壁のひときわ目立つ建物がある。外壁には焼き杉を使い、屋根は銅版葺き。館内は漆喰仕上げの真っ白の壁。都会のしゃれたカフェのように洗練され、かわいらしい雰囲気をも感じさせる。設計は東京大学教授の藤森照信氏と熊本の建築家・入江雅昭氏による。以前より老舗の大丸旅館の外湯として営業していたが、2005年に新たに建物を新築。数々の建築雑誌に紹介されたほか、ヴェネチア・ビエンナーレという建築展にも出展された。

ラムネ温泉館建築だけではなく、温泉自体もメディアで取り上げられることが多いようで、訪れた日も朝一番で雑誌の取材が来ていた。終わるまで待たされたので、その間は館内をぐるりと見渡す。書棚には藤森照信氏に関連する建築雑誌。タオルや飲泉カップなどのグッズはイラストレーター・南伸坊氏によるデザイン。路上観察学会か!と思ったら案の定その通り。ホームページには「入浴した著名人」といったコンテンツもある。スタッフは若い人ばかり。メディアを活用した宣伝に熱心なのも頷ける。

ラムネ温泉館-飲泉受付棟から浴室棟の間には中庭があり、飲泉所も設けられている。ガス入りのミネラルウォーターを温くした感じ。鉄分があり不味くも感じるが、飲めないことはない。








ラムネ温泉館-露天風呂脱衣所は黒でまとめたシックな内装であるのに対し、浴室は漆喰仕上げの柔和な雰囲気。ここでは掛け湯だけにして露天風呂へ。わりと広めの湯船だが、ビニールハウスで覆われている。32.3℃の源泉を沸かすことなく、そのまま掛け流し。長湯温泉の平均の炭酸ガス濃度(遊離二酸化炭素含有量)が700ppmであるのに対し、ラムネ温泉館は1,380ppmとさらに高濃度。入浴剤「バブ」の12倍だという。入った瞬間から全身にシュワーッと無数の炭酸ガスの泡が付く。昭和9年に作家・大仏次郎が長湯を訪れた際、「これぞ、ラムネ場だ」と旅行記に残したそうだが、その表現もピタリ。眼で、肌でラムネの感覚を体験できる。初めのうちは冷たいなぁと思う湯温も、長湯しているうちにだんだんと温度に慣れ、そのうちに温かく感じてくるから不思議。お湯は無色透明だが、炭酸ガスは水面で大きな泡となる。ハウス内にはシュワシュワと泡がはじける音。ところどころ油膜が浮いているように見えるが、これはミネラルの成分だという。

ラムネ温泉館-内湯しばらく露天風呂を楽しんだあとは、再び内風呂に移動。3つの湯船が並んでおり、こちらのお湯は42.1℃と適温。露天風呂につかった後だとよけいに温かく感じる。やや緑がかったお湯が掛け流し。先ほどのようなシュワシュワ感はないのだが、家で溶けきったバブのお風呂に入っているときのような、じんわりと身体の芯から温まる。肌にも潤いを与え、身体の内外から炭酸泉の効果を実感できる。冷たい露天風呂、熱い内湯を繰り返し入浴すれば効果も抜群。ついつい長湯してしまう、気持ちのいいお湯だった。

ラムネ温泉館
源泉/長湯温泉
  (露天:含二酸化炭素−マグネシウム・ナトリウム・カルシウム−炭酸水素塩泉)
  (内湯:マグネシウム・ナトリウム−炭酸水素塩泉)
住所/大分県竹田市直入町長湯7676-2 [地図
電話/0974-75-2620
交通/豊後竹田駅よりバス30分「長湯車庫」停(直入観光協会前)
     大分市内から県道412号線経由で約60分
     大分自動車道湯布院ICから湯平温泉経由で約45分
料金/大人500円、小学生以下200円、3歳未満は無料
     家族風呂2,000円(1時間)
時間/10:00〜22:00、早朝営業6:00〜7:00
     毎月第1水曜日定休(休日の場合は翌日。正月・5月は第2水曜日定休)