東名厚木健康センター東名厚木健康センターはその名の通り、東名高速厚木ICのすぐ近くにある健康センターである。17時〜19時に入館すると「スーパータイムサービス」といういことで、入館料が半額の1,000円になるので、その時間帯には仕事帰りのおじさんたちなどを中心に多くの客が訪れる。

受付でタオル、バスタオル、浴衣が入った手提げ袋を受け取って浴室へ。女性は1階、男性は2階にある。ここの2大セールスポイントは「漢方効仙薬湯」と「露天草津温泉」。どちらも「日本一清潔なお風呂」を自負している。お湯は絶えずあふれているのだが、それに加えて従業員が時おり手動操作でお湯を補充し、汚れを流し落としている。浴槽のお湯も毎日交換しているようだ。そう言われると清潔なような気もする。

「漢方効仙薬湯」は8種類の漢方生薬が入った茶色いお湯。草っぽいような樹皮っぽいような独特のにおいが鼻につく。湯あたりしないように短時間で2〜3回入浴するように、とのこと。秦野の「皇源センター」ほどではないが、皮膚の薄いところが火傷したようにヒリヒリする。「露天草津温泉」のほうは高い塀に囲まれ、しかも全体的に屋根が覆いかぶさっているので、露天という感じがまったくしない。草津温泉の湯畑直送の「液状浴剤」が入っているとのこと。真っ白なお湯で硫黄のにおいが鼻につく。身体や服ににおいが染み付いてしまうので、帰宅時や翌日は注意したい。

ほかにもぬるめの人工炭酸泉や各種ジャグジー、サウナ(かなり高温)があり、スーパー銭湯並みの充実感。浴室内は全体が白いタイル壁、そして蛍光灯でまぶしいくらい。おじさんたちが多く、けっして和気あいあいとしていない雰囲気がやっぱりサウナである。

2ヶ所ある食事処は大衆居酒屋のような感じ。大広間で歌謡ショーやビンゴゲーム、ときおり大衆演劇の公演などが行われている。個別マットレスの男女別の仮眠室のほか、テレビつきのリクライニングチェアが並ぶ休憩室、さらには麻雀ルームや囲碁・将棋コーナー、カラオケ、ゲームコーナーなど、なんでもござれの充実ぶり。1日過ごしてすべてを満喫してもよいし、夕方訪れてお風呂だけの利用でも可。料金体系を参考にして賢く利用したい。

東名厚木健康センター
住所/厚木市岡田3-17-10 [地図]
電話/046-227-4126
交通/小田急線本厚木駅よりバス
     本厚木駅南口または平塚駅北口より送迎バスあり
     厚木市街から国道129号線を南下。東名高速厚木ICそば
料金/大人2,000円、小学生1,200円、幼児600円
     (夜間割引)1,300円 ※22:00〜3:00
     (夜間割増)大人&小学生1,300円、幼児600円 ※3:00より
     (3:00以降入館)1,300円 ※9:00まで
     (スーパータイム)大人&小学生1,000円 ※17:00〜19:00入館、3:00まで
時間/10:00〜翌日9:00、年中無休