弘法の湯「弘法の湯」は湯本小学校の向かいにある日帰り専門の温泉施設。建物は緩やかな坂に面して建っているため、地下は2層の駐車場になっているが狭くて入れにくい。柱のあちこちにぶつけた跡が残っており、何度も切り返す必要がある。階段を上がっていくと本館の1階にフロントがある。「天水の湯」と「弘法の湯」が男女日替わりで、訪れた日は天水の湯だった。

天水の湯は本館の3階にある。浴室には円形の大きな湯船があり、真ん中に置かれた大きな壷から大量のお湯が流れ落ちている。壁際にはカランが並び、そして壁一面に天女が舞う姿が描かれている。露天風呂は横長のジャグジーで、1列に並んで入るスタイル。木の枕があり、大きな岩が並んだ斜面を眺めながら入浴する。

弘法の湯は別棟にある。浴室は大師堂をイメージしているらしい。厳密にいえば大師堂とは真言宗の寺院で弘法大師像を安置するお堂のことを言う。お堂のような造りと思えばそう思えるし、微妙なところだ。こちらも円形の湯船。露天風呂はこちらのほうがちょっとゆったりしているように感じる。やはり大きな岩の斜面に面し、「同行二人」と書かれた石碑もある。

本館2階は「のんびりコース」以上の休憩室になっており、無料休憩室は1階にある。テーブル席と畳敷きの広間。食事は四国より直送された「さぬきうどん」など。「弘法の湯」という名前といい、さぬきうどんといい、なぜここまで四国にこだわっているかというと、裏山には四国八十八ヶ所のお砂踏み処があるから。四国霊場の1番から88番までの寺院の砂が敷き詰められており、また寺院の名前が刻まれた石塔が並ぶ。これらをお参りすれば四国八十八ヶ所を巡礼したのと同じというのだから、ありがたい気もするが…。

弘法の湯
源泉/湯本温泉(ナトリウム−塩化物硫酸塩泉)
住所/足柄下郡箱根町湯本386 [地図
電話/0460-85-7667
交通/箱根登山鉄道箱根湯本駅よりバス5分「早雲寺公園」停すぐ
     国道1号線「三枚橋」交差点より畑宿方面。湯本小学校の向かい
料金/(お風呂コース)大人1,050円、子供500円 ※入浴のみ
     (1日のんびりコース)大人1,700円、子供 900円 ※入浴+大広間での休憩
     (1日ゆったりコース)大人3,000円、子供1,200円 ※入浴+個室での休憩
時間/9:00〜21:00、年中無休

(2009/01/15追記)
2008/11/30をもって閉店しました。