トキワ健康ランド「トキワ健康ランド」は元住吉、平間、向河原各駅のちょうど真ん中くらいにある。周辺には綱島街道・府中街道といった幹線道路が延びているが、健康ランド=幹線道路沿いと思ったら大間違いで、なんとマンションや戸建が立ち並ぶ住宅街の中にあった。もともとは「健康ランド」を専業としていたが、最近になって銭湯コースを設けたようだ。

フロントには薄汚い張り紙で料金が示されていて、どのコースにするか迷ったのだが、無難に銭湯コースを選択。靴箱の鍵の番号がそのまま脱衣所のロッカーの番号に割り当てられていて、僕の番号は1372だった。ところが脱衣所には1372がないではないか!どうしたものかと途方にくれていたら、近くにいたおっちゃんが「それはね372だよ」と教えてくれた。ならばロッカーに1を書き足せばよいではないかと思ったが、そんなこと面と向かって言うのも面倒なので、ここで言う(笑)。

ボディソープとシャンプーは100円でレンタルしてくれるが、浴室には1つのカランにつき1セットずつ置いてあった。これは借りた人が置きっぱなしで帰った、ということなのか…。もちろん使わせてもらう。シャワーは銭湯にありがちな固定式ではなくてホースつきのタイプ。カランの数は約15。そもそも浴室自体がそんなに大きくないので、これくらいでちょうど良いのか、どうなのか。

「ミクロバイブラ風呂」(バイブラ湯)や「超音波寝風呂」(ジャグジー)は“これでもか”と言わんばかりにブクブクし、その勢いでお湯がジャバジャバとあふれている。水風呂もものすごい勢いで水流であふれているが、これらはオーバーフローさせるためなのだろうか?とにかくこれらの勢いときたらハンパじゃない。サウナの料金を払っていないので中がどうなっているのかわからないが、特別な鍵があるわけでもなく、誰でも入れてしまうのではないかと思う。自己のモラルの問題か、寛容なのか、細かいことに気がつかないのか…。ほかに、墨汁のように真っ黒な「ラドントロン温泉」(源泉風呂)、そして緑色と灰色を混ぜたような色でセロリのにおいがする「漢方延寿薬湯」(岩風呂っぽいつくり)がある。以上、すべてが内湯で露天風呂はない。

トキワ健康ランドのフロア案内浴室もそうだったが、館内は全体的にややくたびれた印象。そしてなんだか薄暗い。「遊ゆコース」「健康ランドコース」だと2階・3階の施設を利用できる。何があるのかは看板(写真)を見ていただきたいのだが、謎めいていることは確かである。だいいち健康ランドにありがちな歌謡ショーやカラオケ大会は行われているのかどうか。館内にはそういったイベントのポスターが貼ってあるわけではなく、ましてやホームページや館内パンフレットもない。この施設の謎はおいおい解明していきたいと思うが、なにしろツッコミどころは多いので、皆さんもぜひ体験していただきたい。

トキワ健康ランド
源泉/川崎温泉(ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉)
住所/川崎市中原区市ノ坪284 [地図
電話/044-411-5151
交通/東急東横線元住吉駅より徒歩12分
     JR南武線平間駅より徒歩15分、向河原駅より徒歩18分
     国道409号線(府中街道)「市ノ坪本町」交差点より約150m
料金/(銭湯コース・90分)大人430円、小学生以上180円、未就学児80円
     (サウナコース・2時間)大人 550円
     (遊ゆコース・5時間) 大人 750円
     (健康ランドコース)  大人1470円 ※1:00〜7:00は深夜料金+1400円
時間/5:30〜8:30、10:00〜翌3:00、第3火曜日定休

(追記-2007/06/18)
残念ながら5/12をもって閉館したとのこと。
郊外型もしくは駅前型ならともかく、住宅街のど真ん中で健康ランドというのは不思議な感じがしたのだが…。