湘南温泉平塚駅西口を西に向かって線路沿いに歩き、2つ目の地下道(車道が線路をくぐる)の近くに「湘南温泉」はある。

県道平塚伊勢原線(八間通り)を境に東側には飲食店が多く、西側には住宅街が広がっている。湘南温泉は大きな看板を掲げていないのだが、地元の利用者には看板なんて無用。おっちゃんたちは夕暮れ時になると続々と自転車でやってくる。

入口の戸を開けると下駄箱があり、そのすぐ脇に番台、そして脱衣所になっている。道路に対して斜めに作られた入口は、おしゃれのつもりではなく、たんに脱衣所が丸見えにならないような配慮だったのだ。下駄箱も数多くなかったが、脱衣所も自体もあまり大きくはない。おのずとロッカーの数もそれなりであるのだが、棚の上には常連さんの入浴セットが並んでいて、なんだか微笑ましい。

浴室は奥行きよりも間口が広く、左右の壁際のほかに中央に2列カランが並んでいるが、数は多くない。浴槽は真ん中で2つに区切られていて、それぞれが4帖ほどの大きさ。うち1つはかなり熱めで、温度計を見たら44℃。手足の先からジリジリと熱さを感じるが、スーパー銭湯などのぬるいお湯に物足りない人にとって、この熱さは病み付きになりそう。もう1つはバイブラ湯。これもちょっと熱め。ブクブクがものすごく弱い。お湯が紫色っぽく見えるので、「今日はラベンダー湯か?」と訪れるたびに思うのだが、たんにタイルが紫色だから。平塚の銭湯で入浴剤を使用していないのは珍しい。女湯との仕切り壁にはヨーロッパ(?)の湖畔の風景が描かれていて、浴槽側の壁には日本三景の松島のような風景が描かれている。

訪れるのがいつも夕食時だからか客は少ないように思うが、番台のおっちゃん(なぜか番台にいなかったりする)と常連客とが、競輪が当たったかどうかなんて話をしていたりする姿を見ると、町の銭湯っていいなぁ、と思う。

湘南温泉(湘南ひらつかショップインフォメーション)

湘南温泉
住所/平塚市平塚1-5-2 [地図]
電話/0463-31-2605
交通/JR東海道線平塚駅西口より徒歩7分
料金/大人430円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜22:00、不定休(5のつく日?)