都電6162銭湯サウナにも脚光が集まっている昨今、銭湯の浴室内にあるサウナ室ではなく、別に受付を設けて2階で経営するサウナはどうなんだろうか。向かったのは大塚。山手線で池袋から1駅なのに、ちょっと歩けば賑やかさと人通りが消え、企業のビルの合間には生活感。写真は道に迷って通りかかった公園で保存されていた、都電の旧車両。

サウナ玉泉(東京都豊島区南大塚)困ったことに、サウナ玉泉の入口は立ち入れないようになっていた。玉の湯のフロントで聞けば、いまは土日のみの営業なのだという。というわけで、せっかく来たことだし、玉の湯でひとっ風呂。最近はサウナ店ばかり訪ねているせいかタオルを忘れ、手ぶらセットを購入。小さなシャンプーとコンディショナー、固形石鹸、カミソリ、歯ブラシも付いて250円。

脱衣所も浴室も広々としているが、日が暮れる前とあってか客は少なく、がらーんとした印象。洗い場は壁側のみシャワー付き。しかし漏れたり、鏡の曇りは取れないし、ガラスブロックをテープで補修する有り様。常連に職人さんがいたら直してやってほしい。

玉の湯(東京都豊島区南大塚)湯船は大小2つ並んでおり、大きい方はバイブラとジャグジー、小さい方は座湯ジャグジー。さほど熱くはないせいか、じっくり浸かっていると逆上せそうになる。モザイクタイルで背景には海辺の景色、男女の仕切りには鯉、湯船の立ち上がりには菖蒲が描かれている。なお、浴室風景は豊島区浴場組合のサイトを見れば一目瞭然。

大塚駅徒歩6分と立地も良いし、愛想の良い接客と若い感覚があればもっと繁盛するだろうな、と。身近に大塚記念湯(サウナニュー大塚)という良き手本があるだけに。きっと昔気質の江戸っ子なのだろう、動画を見てそう思った。



玉の湯
住所/東京都豊島区南大塚2-31-3 [地図]
電話/03-3941-1666
交通/JR山手線大塚駅・都電荒川線大塚駅前より徒歩6分
     東京メトロ丸の内線新大塚駅1番出口より徒歩5分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
時間/15:00〜25:00、毎週木曜日定休