上野ステーションホステル オリエンタル(東京都台東区上野)上野オリエンタルツアーはを訪ねて、最後はオリエンタルへ(旧センチュリー)。御徒町寄りに位置し、ここだけはパチンコ店併設ではなく、独立したビル。しかも角地だから立地条件は良く、派手な外観でなくとも存在感は抜群。

入館受付の方法は3店舗共通だが、下足の預け方が異なるのは面白い。ここでは1階の下足箱に靴を入れてからエレベーターに乗る。フロントは2階。衝立でわずかに隔てているが、フロントと休憩室はワンフロアで広々。´△魯螢ライニングシートが埋まっていたのに、はがらーんとしており、たまたまなのだろうか。

上野ステーションホステル オリエンタル(東京都台東区上野)ロッカー室で館内着に袖を通し、休憩室を素通りして階段を降りる。フロア案内には「階段の上り下りは大変ですが。まいにちサウナ!」とあって、確かに地下1階まで階段での移動は大変だし、とくに年配客は敬遠するだろうな、と。階段を上がる店舗ではわくわくするのに、階段を降りる店舗にひっそり感があるのは気のせいだろうか。

上野ステーションホステル オリエンタル(東京都台東区上野)不整形の浴室に広々とした印象はないが、眩しさすら感じさせる真っ白な壁に、随所にあしらったフェイクグリーン。そして、この店もやはり天井はネオクラシックな和風テイスト。大小2つある湯船のうち、1つはかつてのラドン風呂か。不自然に奥まっていて、一部はガラス張り。もう1つの湯船は檜風呂としており、市販の檜玉を浮かべていた。

上野ステーションホステル オリエンタル(東京都台東区上野)オリエンタル3店舗のうち、ikiサウナの性能をもっとも発揮しているのは、ここかと。3店舗の中では一番こじんまりとした室内だが、ストーブとの距離が近く、コの字に設けたベンチはストーブよりも高い位置に設けている。温度計は100℃をわずかに下回っていたが、他店よりぐっと熱く感じる。水風呂もぐっと冷えており、サウナとのバランスもよい。(浴室とサウナの写真は公式サイトより転載)

上野ステーションホステル オリエンタル(東京都台東区上野)浴室利用は賑わっていたが、休憩室はやはり空いていた。入浴だけで帰ってしまうのか、そもそも遅い時間だったせいか。はたまたカプセルの泊まり客で休憩室を利用する理由がないのか。ちなみにこの店はカプセルが5フロア、3店舗合計でカプセル862室のビッグスケール。競合他店を含めて宿泊需要があるのだから、やっぱり上野はすごい。

上野ステーションホステルオリエンタル パンフレット

上野ステーションホステル オリエンタル ※男性専用
住所/東京都台東区上野6-8-1 [地図]
電話/03-3836-3435
交通/JR御徒町駅北口より徒歩2分
     地下鉄上野広小路駅、上野御徒町駅、仲御徒町駅より徒歩2分
     JR上野駅広小路口・京成上野駅より徒歩4分
料金/3時間800円(24時間受付、浴室清掃時間2:00〜4:00を除く)
     8時間休憩1,800円(カプセル利用可・利用時間4:00〜24:00)
     深夜サウナ2,500円(最大14時間・利用時間21:00〜11:00)
時間/24時間

上野ステーションホステル オリエンタル
公式サイトのイメージ画像のような光景はどこにもないのであしからず。