妙法湯(東京都豊島区西池袋)銭湯の閉店情報はよく見聞きするけれど、都内23区ではときおりリニューアルの話題も。経営体力や集客力も関係するが、明るい話題も都内ならでは。椎名町の妙法湯は、半年間の工事を経て、1月29日にリニューアルオープン。池袋からひと駅なのに、静かな住宅地にある。スタイリッシュな外観は最近の流行りだが、中に入れば銭湯らしくほっとする空間だ。

妙法湯(東京都豊島区西池袋)フロントで料金を支払い、男女別の暖簾をくぐる。訪ねたのはオープン2日目で、脱衣所は客でごった返していた。ロッカーの数を増やすなどすれば、多少は混雑も緩和できそう。妙法湯ではボディソープとリンスインシャンプーの備え付けがあり、サウナ利用なら別途300円でフェイスタオルとバスタオルも付いてくる。実質100円ちょっとの負担でサウナが利用できると思えば、手ぶらで訪ねることもできるし便利だ。

妙法湯(東京都豊島区西池袋)妙法湯のリニューアルのポイントは、「マイクロナノバブル」「軟水」「炭酸」の3つ。軟水マイクロナノバブル水は美肌、消臭、温浴の効果があり、浴槽からカランにいたる全てで使用されている。最近の改装銭湯では、水へのこだわりがトレンドだと言えるのか。炭酸シルキー風呂は隙間がないほどの人気で、ほかにミクロバイブラ、ジェット座風呂、電気風呂も。脱衣所に設置したテレビが、浴室から観られるのはいいアイデア。

妙法湯(東京都豊島区西池袋)サウナは定員6名ほどの広さで、微かに聞こえる館内BGM。スリムな遠赤ヒーターだが、100℃超は素晴らしい。水風呂は狭いがほどよく冷えており、サウナとのバランスが良い。デザイナーズ系の奇抜なデザイン性はないけれど、そのぶん居心地の良さを実感でき、新しくきれいになった町の銭湯はいつまでもこの地に根付くことだろう。妙法湯の地下には岩盤浴サロン「エンジェルロック」(女性専用)を併設しており、お得な銭湯入浴もあるという。

パンフレット

妙法湯
住所/東京都豊島区西池袋4-32-4 [地図]
電話/03-3957-8433
交通/西武池袋線椎名町駅より徒歩2分
     地下鉄有楽町線要町駅より徒歩10分
     JR・東武・西武・地下鉄 池袋駅南口より徒歩17分
料金/大人460円、中人180円、小人80円
     サウナは別途300円(貸タオル込み)
時間/15:00〜25:00、毎週月曜日定休