神の宮温泉 かわら亭(新潟県妙高市神宮寺)たいていの温浴施設は幹線道路沿いにあったりするが、ここは例外。のどかな農村地帯のど真ん中にあって、カーナビを疑いつつ到着。公式サイトには「上杉景虎ゆかりの鮫ヶ尾城の麓」と記載があり、鮫ヶ尾城は「続日本百名城」のひとつ。詳細は妙高市のサイト等を参照にて。ちなみに、妙高市はかつての新井市や妙高高原町のこと。

神の宮温泉 かわら亭(新潟県妙高市神宮寺)中庭には神社を祀っているし、大広間や宴会場、さらには2階は宿泊の客室もある。パンフレットには法要会席の写真も。日帰り温泉施設と思って訪ねると戸惑うし、旅館として予約した人もそうだろう。いずれにしても、地元きっての名店であることは疑いの余地がない。驚くべきはヒカキンが、地元のおすすめ温泉として紹介していること。しかも9年も前に。



神の宮温泉 かわら亭(新潟県妙高市神宮寺)浴室には多くの客が。 かわら亭は源泉自慢の施設で、2つの源泉を有している。内湯と水風呂はメタケイ酸を多く含む冷鉱泉で、つるすべの肌ざわりが楽しめる。高温サウナのほかに、源泉を浴び、全身包まれるミストサウナもある。露天風呂はじんわりと温まる塩化物泉で、この日は設備の調子が悪かったらしく、ぬる湯で個人的にはラッキー。もうひとつメタケイ酸の湯船は、夏季限定で源泉を加熱せずそのまま水風呂としており、ゆったりとした広さでじんわりと身体を冷やす。(露天風呂の写真は公式サイトより転載)

神の宮温泉 かわら亭(新潟県妙高市神宮寺)
神の宮温泉 かわら亭(新潟県妙高市神宮寺)

宴会や法要の食事は豪華だけど、日帰り入浴の食事メニューは大衆的でリーズナブル。インターネットで検索しても日帰り利用のレポートはあまりなく、地元以外で知られていないのがもったいない。温泉好きならきっと満足できる施設だ。

神の宮温泉 かわら亭
源泉/神の宮温泉(温泉法の温泉、ナトリウム−塩化物泉)
住所/新潟県妙高市神宮寺31-3 [地図]
電話/0255-72-7307
交通/国道18号線(上新BP)「乙吉」交差点より約1.4
     無料駐車場あり
料金/大人800円、小学生400円、幼児無料
時間/9:30〜21:30(8/1〜当面の間は9:30〜17:00)