温泉天国 さくら湯(福島県郡山市島)郡山市民憩いの開成山公園から西へ。温泉天国さくら湯はもともと「仙遊 島乃湯」と言ったそうで、住所の「島」が由来なのだろう。島乃湯の名は併設するデイサービスに引き継がれ、さくら湯は2階に宴会場を備えたローカルスパ銭。どちらも建物の規模は大きいが、幹線道路である新さくら通りから、やや奥まった立地にあるため穴場感も。

温泉天国 さくら湯(福島県郡山市島)温泉天国と名乗るくらいだから、旅情をかき立てる風情かと思いきや、入口の雰囲気はまるで公共施設。派手に飾ることもなく、高齢者に優しい仕様。館内の奥まで見渡すことができ、わずかに置かれたソファが寛ぎのスペース。券売機でチケットを購入し、フロントで下足箱とロッカーの鍵を交換する。芸能人のサイン色紙を飾っている店舗はよくあるが、ここは巨人や楽天にも在籍していたボウカー。福島ホープス時代に訪れたようだが、庶民的でほっとする。

温泉天国 さくら湯(福島県郡山市島)内湯と露天に湯船が1つずつ。それぞれゆったり感はあるが、スーパー銭湯気分で訪ねると物足りなく、ただひたすらに湯に浸かるのみ。自慢は市内随一のかけ流しで、毎分244リットルの豊富な湯量を誇る。泉質に関しては温泉ソムリエがチラシで紹介しているが、そもそもがテキストをコピペしたような作り。店舗の雰囲気からしても言えるが、好んで通うのは年配層ではなかろうか。

サウナ室のベンチはDIYだろうか。板が歪んだり、腐ったり。換気が悪く嫌なにおいも。テレビは無く、砂時計2つだけ。家庭などで使うジョイントマットを2枚繋げて使用する。室内備え付けのバスタオルで、ベンチの汗を拭いてから退室。ローカルルールは徹底しているが…といった感じ。水風呂は蛇口+立ちシャワーからホースを伸ばして吐水。苦肉の策か。

2階の大広間では演歌歌手の歌謡ショーも行われている様子。館内にもポスターを並べて貼っていた。年配層はイベントや宴会を楽しみにしているのかもしれないし、しかし、平日とあらば広さを持て余している印象。時間制限を2時間30分にしており、入浴だけなら時間も持て余すが、やはり年配層が集えば四方山話に花が咲く様子。すぐ近所のスーパー銭湯 遊湯ランドとはまったく競合しないようだ。

温泉天国 さくら湯(福島県郡山市島)
温泉天国 さくら湯(福島県郡山市島)



温泉天国 さくら湯
源泉/仙遊島乃湯温泉(ナトリウム−硫酸塩・塩化物泉)
住所/福島県郡山市島2-7-6 [地図]
電話/024-931-4126
交通/国道49号線「開成山」交差点より約750m
料金/大人600円、小学生300円、未就学児無料
     ※1回入浴(2時間30分、延長は30分ごとに大人100円・小学生50円)
時間/6:30〜24:00