千葉ロッテ×横浜(ZOZOマリン)指名打者含めてスタメンに名をつらねた10人のうち、4人は個人応援歌のない左打者。さすがに「出た出た」が続くようでは必殺バットマンも何のことやら。そこで、昨日から神里(金城)、楠本(下園)、佐野(石井義人)、山下(山下大輔)といった具合に、暫定的に応援歌を流用。どれも懐かしく盛り上がるのだけど、彼らにその実力が伴っていないのは明白だ。梶谷、ロペス、大和、倉本ら主力選手の復帰を祈りたい。

千葉ロッテ×横浜(ZOZOマリン)ロッテ先発の有吉が好投したかはいざ知らず、打線に粘りもなく、あっさり4球で終わった回もあったかと。唯一の得点は佐野が放った一発。横浜先発のバリオスは2度のリクエストで調子を崩し、それ以外にも味方エラーがきっかけの失点があったりと、運にも恵まれていなかった。ピンチの場面で、誰もマウンドに駆け寄らないし。こうした役回りがロペスだったり、大和だったりしたわけで。やはり抜けた穴は大きい。

千葉ロッテ×横浜(ZOZOマリン)マリンスタジアムは外野が自由席。開門と同時にほぼ埋まるけど、人数分以上に席取りするのは良くない。しかし試合中に遅れてやって来る人はあまりおらず、だから混乱もなく。もちろん平日だからか。過去記事を振り返ってみたところ、マリンに来たのはなんと5年ぶり。その時はZOZOではなくQVCで、モーガンや多村が活躍し、三浦が完封勝利。なんだか遠い昔のことのよう。