新宿区役所前カプセルホテル(東京都新宿区歌舞伎町)カプセルホテルはいまや外国人観光客に大人気。試しにYouTubeで検索してみれば、ハウツーを兼ねたVlogがたくさん。最新施設も都心には相次いでオープンしているが、30年の老舗にして、新宿東口徒歩4分、歌舞伎町至近の好立地といえば新宿区役所前カプセルホテル。

文字通り、新宿区役所は通りを挟んで向かい側。地上8階・地下2階のビルにはブリティッシュパブ、カラオケ、ストリップ劇場、ライブハウスなどがテナントとして入居。カプセルホテルとしては計5フロア(最上階は女性専用フロア)、全436室の大型施設だ。

新宿区役所前カプセルホテル(東京都新宿区歌舞伎町)エレベーターを3階で降りると、さっそく外国人の姿。フロントからして異国の安宿を訪ねているかのよう。ウエスタン扉の先はロッカー室で、まずは館内着に着替える。外国人観光客を意識してもっとおしゃれにしたら良いものを、まるで入院患者。壁には陽気なスナップがベタベタ貼ってあり、もしかして外国人観光客の聖地なのかと。

新宿区役所前カプセルホテル(東京都新宿区歌舞伎町)通路を曲がった先に浴室。人造大理石の西洋趣味で、ヴィーナス像も。室内はまぶしいほどに白く明るい。悪くないよねというのが正直なところ。サウナ室は通路を挟んで向かい合わせにベンチを設け、カラカラだが90℃でほどよい熱さ。ヒーターには「このサウナは日本では数少ない遠赤外線を使用しております」との説明。ガスヒーターはしょっちゅう見かけるが、言い切ってしまうのがすごい。水風呂16℃は評価に値するポイント。カプセルの泊まり客にとっては、迷惑でしかない冷たさかもしれないが。

新宿区役所前カプセルホテル(東京都新宿区歌舞伎町)休憩室はまるで会議室のよう。長テーブルを中央に設え、窓際では数人がパソコン作業。奥のほうではリクライニングしないソファが並ぶ。夜は簡単な食事も提供しているようだが、外に出ればいくらでも選択肢はある。今回は16時以降に入館したので1,300円支払ったが、それ以前ならデイユースが利用できたのか。サウナのみの利用なら1時間でじゅうぶんかも。



新宿区役所前カプセルホテル
住所/東京都新宿区歌舞伎町1-2-5 [地図]
電話/03-3232-1110
交通/JR新宿駅東口、西武新宿駅より徒歩4分
料金/サウナのみ1,300円(2時間・超過1時間ごとに600円・16:00〜4:00)
     デイユース1時間ごとに500円(最大3,000円・4:00〜16:00)
時間/24時間、年中無休
※大浴場・サウナの利用は男性のみ