つくばエキスポセンター47都道府県のうち青森県と茨城県だけ行ったことがないってことを先日思い出したのだが、そんな矢先に「つくばエクスプレス」が8/24に開業。さんざんテレビCMをやっているではないか。これはいいきっかけだ。むしろ「行け」っていう指令に違いない。
ひさしぶりに秋葉原で降りるが、つくばエクスプレスに乗るにはどうしたらいいかわからない。階段を昇ったり降りたりして電気街へ。つくばエクスプレスはこっちじゃなかったようだが(昭和通り口が正解)、まず駅前でパチンコ屋のティッシュを配っているおねえちゃんの格好がメイドであることにさっそく感動。そのあとなぜか万世橋の交通博物館に行ってしまい、だんだんつくばに行くのもかったるくなってきて、このまま方向はぜんぜん違うけどハマスタにでも行っちゃおうかな的な感じにもなったが、やっぱりつくばに行くことにする。そういや交通博物館なんて久しぶりに行ったが、さいたまに新装オープンするらしい。あの感じが懐かしくてよいのだけれども。
で、つくばエクスプレスの駅は地上にあるものだとばかり思ってたけど、地下だった。ちょうど快速電車が発車しようとしていたので、それに乗ることにする。途中どこかで降りてみようかなとも思ったが、駅名を見てもピンと来ないし、なにより「流山セントラルパーク」とか「みらい平」「みどりの」なんてどんなところかさっぱり見当がつかない。漠然とした名前はやめていただきたい。っていうか、先日会った茨城出身の山ちゃんいわく「なんにもない」ってことなので、途中下車しなくてもいいかって感じになったが、だいいち快速電車は快速だけあってあんまり停車しないし。地下ばっかり走ったと思ったら今度は田舎の風景が続くし、結局つくばまでほとんど寝てしまったではないか。45分で茨城県に行けるなんて意外と近いなぁって感じだけど、1150円のうち800円分は寝てしまったことを考えるともったいないことをした。
つくば駅も地下なので駅らしい感じが全然しないのだが、開業から1週間ってことでお役所の人、鉄道マニア、観光客、その他よくわからない人たちでごった返していた。地上に出るとそこはバスターミナルになっていて、そのまわりには建物が建ち並んでいるんだけど、整然としすぎていて、いかにも人工的な街って感じ。筑波山に行くには時間がなかったので、エキスポセンターというところに行ってみることにした。宇宙好きにはたまらないのだろうが、あいにくそうではないのでざっと眺めて終了(写真は外にあった日本のロケット)。
駅に戻ってどこに行こうか検討したが、いい案が思いつかないので、目の前のバスに乗って土浦へ。どのくらいの時間がかかるのか、どのくらいの運賃なのか、さっぱり見当がつかなかったが、なんと20分、510円の距離だった。そもそも途中1箇所停車する予定だったが、乗り降りする人がおらず(しかもアナウンスもなく)、ノンストップだった。
土浦はつくばと違って意外と都会的な街だったが、れんこん生産日本一だそうだ。霞ヶ浦の閑散としたヨットハーバーを見て、家に帰ることにする。キヨスクで藁に入った納豆を購入するが、透明のビニール袋に入れられて恥ずかしいまま常磐線→山手線→小田急線。

今日のYB佐伯情報
チームは11-4でカープに大勝するが、先発全員安打を阻止したのは佐伯。5タコ(1打点)で.256