永井さんと山ちゃんと神宮球場でヤクルト×横浜戦。連夜のサヨナラ負けで、今日こそは三浦に頑張って欲しかったのだが、「三浦が投げる日は打線が沈黙」というのがいつものパターン。今日もヤクルト先発の藤井をうまく攻略できず。っていうか藤井って防御率1位なんだな。知らなかった。で、三浦は2回にリグスに2ランを打たれる。きっかけは佐伯のエラー。4回に種田のタイムリーで1点返し、8回には小池のタイムリーで同点。しかしその裏に岩村のタイムリーであっさりと勝ち越され、これが決勝点。
というのが試合の流れだが、ここで言っておかなければならないのは、ベイファンならずともみんなが疑問に思う4番の打率の悪さだ。佐伯…。

昨日までのセリーグ各球団の4番打者の成績
 1位:金本(阪神)    .325 HR31本 97打点
 2位:新井(広島)    .319 HR36本 75打点
 3位:ウッズ(中日)   .308 HR30本 81打点
 4位:ラミレス(ヤクルト).273 HR29本 87打点
☆5位:佐伯(横浜)    .260 HR14本 69打点
 6位:小久保(巨人)   .257 HR26本 68打点

カープの新井が頑張っている以外は、チームの順位そのもの。小久保は調子が悪いようだが、ハマの4番はいつも調子が悪いのか?.260って、それはいったいどこの球場で打ってるんだ?まったくしょうがない。ベイ観戦成績12勝3敗。
歌舞伎町に移動し、ベトナム料理店。そして帰宅。