旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

日帰り温泉・スーパー銭湯のオープン&閉店情報(首都圏)
* 竜泉寺の湯 草加谷塚店 (埼玉県草加市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe bivouac (埼玉県熊谷市) -2016/9/10オープン
* おふろcafe 白寿の湯 (埼玉県神川町) -2016/10/1リニューアルオープン
* ソプラティコ横浜関内 (横浜市中区) -2016/10/1オープン
* グリーンプラザ新宿 (東京都新宿区) -2016/12/25閉店
* 佐倉天然温泉 澄流(千葉県佐倉市) -2016/12/18オープン
* のだ温泉ほのか(千葉県野田市) -2016/12/20オープン
* グランパーク・イン横浜(横浜市西区) -2016/12/22オープン
* 海辺の湯 久里浜店(横須賀市久里浜) -2017/1/11オープン
* Gensen Cafe(湯河原町) -2017/2/24オープン
* 西武秩父駅前温泉 祭の湯(埼玉県秩父市) -2017/4/24オープン予定

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)町の銭湯で別料金を支払ってサウナを利用するくらいなら、地元のスーパー銭湯のほうが手っ取り早いし、サウナは広いし、安く済むというのが田舎者の考え。別料金のサウナ代にはたいてい貸しタオルの利用も含んでいるが、雑色のヌーランドさがみ湯はさらに上を行っている。なんと貸しタオルのほかに、館内着、カミソリ、歯ブラシまで付いてくるのだ。町の銭湯でこの至れり尽くせり感はすごい。

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)ちなみに至れり尽くせりは全館利用の場合。積み上げ式に計算していけば、この料金設定は妥当なのか。ちなみに入浴のみなら銭湯料金。入浴とサウナのコースもある。外観もフロント対応も館内の雰囲気も町の銭湯のイメージとはかけ離れており、それでいてスーパー銭湯のような派手さもなく、あえて喩えるなら公共温泉施設。浴室は1階、休憩施設は2階にある。

ジェットバスやぬるめのミクロバイブラもあるが、ヌーランドに来たら黒湯の温泉だ。透明度3cmほどは都内有数の黒さではなかろうか。さらっとした肌ざわりを堪能しつつも、ひさしぶりの銭湯だったから熱くて驚いた。露天風呂でも温泉を使用しており、こちらは室内よりもぬるめ。外気を感じながらのんびり浸かっていられる。

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)しかし、寝不足と満腹感ですぐにのぼせてしまい、いったん休憩。リラックスルームは正面にテレビを据えてリクライニングチェアが10台以上。ご丁寧に毛布まで用意しているから、ちょっと仮眠のつもりが気づけば2時間も爆睡。大広間の宴会場(90名収容!)、個室、カラオケルーム、貸しスタジオ、屋上庭園まであり、さながら健康ランド気分。館内着で寛げるのだから、もはや銭湯ではない。

そして、いよいよサウナへ。俗に言う引っ掛け鍵でドアを開ける。ベンチは向かい合わせ、片側だけ2段。温泉で温まっているせいか、すぐに大量の発汗。水風呂はかなり冷たくて驚く。サウナの熱さは想像の範囲内だが、温泉は熱すぎるし、水風呂は冷たすぎるし、なんとも極端すぎる。室内か露天にベンチがあればなお良し。脱衣所でまどろんでいる人たちはアフターサウナに違いない。

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)今回は東京ウォーカーの半額クーポンで訪ねたが、クチコミサイトの@niftyでもクーポンを出しており(全館利用800円)、アメニティ込みと考えれば遠くのスーパー銭湯に行くよりも断然安い。お風呂だけなら銭湯料金(460円)だが、リーズナブルだと感じさせてくれる。もともと第三相模湯と言ったそうで、現在でも浴場組合に加入しているが、多角的な充実ぶりと独自の集客手腕は組合内でもトップクラスだろう。

天然温泉ヌーランドさがみ湯(東京都大田区仲六郷)

天然温泉ヌーランドさがみ湯
源泉/NU LAND温泉(ナトリウム−炭酸水素冷鉱泉)
住所/東京都大田区仲六郷2-7-5 [地図]
電話/03-3739-1126
交通/京浜急行雑色駅より徒歩3分
     JR蒲田駅東口よりバス5分「仲六郷1丁目」徒歩1分
料金/全館利用:大人平日1,250円、休日1,550円、小人600円(4歳〜小学生)
     ※入浴・サウナ・タオルセット・館内着
     ※サービスタイム(18:00以降)1,000円
     入浴のみ:大人460円、中人180円、小人80円
     入浴・サウナ:大人800円 ※タオル付き
時間/10:00〜23:00、年中無休(毎週火曜日は2階施設休み)

半年ぶりのハマスタの空気を味わいに

横浜×楽天(横浜スタジアム)国民の多くが注目し熱狂したであろうWBC準決勝、日本×アメリカ。息の詰まる試合が行われていた最中に、横浜スタジアムでは楽天を迎えてのオープン戦が行われた。平日の昼間から皆さん暇なのか1万人弱が詰めかけ、九割九分が横浜ファン、ライトスタンドは8割方埋まっていた。誰もWBCに興味を示していないのか、スマホでチェックする光景もなく、敗戦にざわつくこともなく、球場にアナウンスが流れても良さそうだがそれもなし。みんな目の前の試合に集中しているわけでもなく、午後のひとときを満喫している感じ。素晴らしい。

横浜×楽天(横浜スタジアム)横浜の先発はドラ1ルーキーの濱口遥大(#26)。宝島社の選手名鑑によれば「力感あふれるフォームからの真っ向勝負が身上(以下省略)」。大学ナンバーワン左腕との評価も見聞きしたが、プロの舞台に立つには制球力を磨く必要ありか。5回で100球以上は無駄が多いし、観ている側は退屈する。それでも2失点だから粘投と言えるか。同じくルーキーの進藤拓也(D8位)は、9回表の1イニングを投げて2奪三振。楽しみな存在だ。

横浜×楽天(横浜スタジアム)近年のドラフト戦略は当たりと言えるが(柿田以外)、今日のスタメンには3番レフトに佐野恵太(D9位)を起用。将来の大砲と期待され、ラミレス監督のお気に入り。結果はゴロ4つだが、チーム唯一の得点をゴロアウトで叩き出した。ランナーを3塁に置く場面が何度かあったのに、今日は打線が機能せず。ひとり気を吐いたのは3安打の関根。ただ、春先に調子が良い印象もある。公式戦開幕は目前に迫っているというのに、オープン戦は相変わらずの低空飛行。上向く兆しはあるのだろうか。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)小田急沿線住民にとって池袋は未知の大都会。サンシャインシティですらまともにたどり着けないのだから、その隣のタイムズスパ・レスタはなおさらのこと。コインパーキングでお馴染みのタイムズが運営する「大人のスパ施設」で、18歳未満は入館不可。ビルの外観は素っ気ないものだが、エレベーターの扉が11階で開いたら、目の前に広がる高級感。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)中庭を眺めるゆったりとした空間は、まるでリゾートホテルのロビーのよう。アロマの香りが漂い、ヒーリング音楽が耳に心地よく(空間音響設計)、桜色のLED照明を使用するなど随所に上質なこだわりが。入館受付を済ませ、タオルと館内着のセットを受け取るも、教えてもらわなきゃ脱衣所の場所すらわからない。スタッフの説明も丁寧で、物腰もやわらか。素晴らしい。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)浴室内には2か所にジャグジー、季節の入浴剤を使用した白湯。窓を多く設けた明るい室内に、究極までにシンプルに計算され、美しささえ感じさせる湯船の配置。モノトーンの配色が目にも優しい。露天には円型のホワイトイオンバス(シルキーバス)と2つの釜風呂。池袋で露天風呂は贅沢だし、雑踏の一切を遮断した別世界がここにあった。大都会でバリバリ仕事するのは御免だが、ビジネスマンにとって最高の癒しとなるだろう。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)サウナ室と水風呂のコンディションは感動レベル。温度計は約90℃を指しており、個人的にはいちばんの好みかも。頭と足元では約10℃の温度差が生じ、頭ばかりのぼせて我慢できないのが常なのに、レスタのサウナは全身が均一に温まる。心なしか背中がよく温まるようにも。もしサウナが苦手だとしても、無理なく大量発汗できそうだ。サウナストーンの遠赤外線効果だけでなく、換気口による微妙な空気の流れ、壁タイルの輻射熱と調湿効果なども関係するのか。どこに座っても熱のよどみを感じることはなかった。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)水風呂は約16℃で、冷たさが全身をマイルドに包み込むのは、こちらも推測すると円型浴槽の対流に関係するのか。水風呂から上がって、室内の椅子に腰かけてみる。極限まで身体を冷やしたのに寒くならず、むしろ体内から温かさがよみがえる。体温と室温がイコールの状態で心地よい。もちろん、2セット目、3セット目も同じ状態。自分の身体にベストマッチするサウナを見つけた気分だ。毎時30分にはオートロウリュが作動し、平日は19時にアウフグースを開催(金曜・日曜は1日2回、土曜は3回)。せめてあと2〜3回は増やしてほしい。(サウナ室と水風呂の写真はタイムズスパ・レスタ公式サイトより転載)

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)レストランは1つ下の10階にある。窓の外には商業ビルが建ち並ぶが、夜のほうが景色としては良いのかも。メニューブックには洒落た料理の数々が載っており、場末の大衆サウナなら2食は行けちゃう金額。旬の食材の味を活かし、見た目にも良く、そして身体にも良さそう。悩みに悩んで魚介と春野菜のセイロ蒸しを注文。不味いわけがない。

タイムズスパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)隣り合うのは、ボディケア利用客の専用ラウンジ。ここに座るのがステータスと捉える客もいるだろう。リラックスラウンジにはテレビ付きリクライニングシートが並び、男女共用で52席。ほかに有料ラウンジ(18席)、女性専用ラウンジ(30席)も。午睡のつもりが、薄暗い照明下では爆睡になってしまいそう。18歳未満を入館不可としているにせよ、客はみな上品な方々ばかりと見受けられる。店のコンセプトがしっかりしているから、おのずと客も選ばれるのだろうか。

高級スパゆえ敷居も高いが、1年にいっぺんは奮発して訪ねたい。自分に合った最高のサウナを楽しむためにも(と言いつつ好みは変わるかもしれないけれど)。各地方都市に名店あれど、ようやく東京No.1を見つけた気分だ。

タイムズスパ・レスタ
住所/東京都豊島区東池袋4-25-9 [地図]
電話/03-5979-8924
交通/東京メトロ有楽町線東池袋駅2番出口より徒歩3分
     JR・西武・東京メトロ池袋駅東口より徒歩8分
料金/平日2,750円、休日3,100円
     深夜割増料金500円/60分ごと(最大2,500円)
     スピード利用(90分)平日1,800円、休日2,150円
時間/11:30〜翌9:00、年中無休
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ