延羽の湯 鶴橋店(大阪市東成区玉津)大阪で人気のスーパー銭湯として必ず名前が挙がるのが、ここ延羽の湯鶴橋店。京セラドームに広告を出しており、野球ファンなら見覚えがあるかも。羽曳野(本店)、三木(閑雅山荘)にも出店しているが、アクセスの良さなら鶴橋だ。大阪環状線、近鉄、地下鉄が乗り入れる、市内有数のターミナル駅から徒歩わずか5分。それでいて入館料850円、しかもタオル付きときたら、手ぶらで立ち寄れるし、流行るのは当然だ。

延羽の湯 鶴橋店(大阪市東成区玉津)鶴橋はコリアタウンとして知られており、改札口を出た瞬間からディープな雰囲気。延羽の湯はそれと一線を画す和モダンな外観ではあるけれど、岩盤浴エリアは「汗蒸幕」と韓国式。店舗の公式サイトにもハングルの案内あり。在日コリアンの方も多くお住まいなのだろうか。入館料よりも岩盤浴の追加料金を高く設定しているのは最近の傾向だが、そのぶんハイスペックが期待できる。

フロントで下足箱の鍵とリストバンドを交換し、フェイスタオルと小さな木札を受け取る。すぐ隣のカウンターではサウナ着(岩盤浴)セットを受け取る。浴室は2階にあって、訪ねたのが週末とあって脱衣所から混雑。浴室がコンパクトに感じるのもそのせいか。見せ梁の落ち着いた雰囲気にイベント湯(ぬる湯)と温泉の湯船が2つ、さらに大勢が利用できる座り湯、そしてスチーム塩サウナ。以上が室内のラインナップ。

延羽の湯 鶴橋店(大阪市東成区玉津)
(館内案内図は公式サイトより転載)

露天には広々とした源泉岩風呂、壺湯、炭酸泉もあるが、いちばん人気は源泉かけ流しの立ち湯で、深さ130cmもある。源泉は薄褐色。不感温度でいつまでも浸かっていたいが、潜る子供に唖然とさせられた。露天全体が高い塀に囲まれているが、植栽をほどよく配置し、そして薄暗さも相まって、都会にいることを忘れさせてくれる。

ロウリュは毎時30分に開催しており、サウナ室がほぼ満員になるほどの盛況ぶり。学生さんと思しき若いスタッフが4人も登場し、ベンチの上からも無茶苦茶に扇ぐ。ストーブはikiと石積みの2基。通常時は85℃のマイルド設定なのに、アロマ水をバシャバシャかけるから、体感はものすごく熱くて、やけどしそう。水風呂はサウナ室に隣接し、屋外にあるので冷たく感じるし、さらには畳敷きのごろ寝スペースも。サウナ好きのツボをよく押さえている。

延羽の湯 鶴橋店(大阪市東成区玉津)
(館内案内図は公式サイトより転載)

この店の売りでもある汗蒸幕は、いわば韓国式サウナ。熱した麦飯石がトロッコでやって来て、広い室内で客は自由に寝転がったり座ったり。毎時00分にはロウリュも開催され、扇ぎ手は5人がかり。アロマ水をかけるも湿度は上がらず、乾いた風を浴びせられるだけ。パフォーマンスとしての要素が強いような。ほかに、薬草のぶら下がった部屋、岩塩やトルマリンを敷き詰めた部屋など多彩。漫画本を揃えた休憩室もある。

延羽の湯 鶴橋店(大阪市東成区玉津)コリアタウンのある街だから、食事処には韓国メニューもかなりの割合を占める。裏を返せば、ごまかしがきかないということ。味よし、見た目よし、なおかつリーズナブルとあれば、競合他店より楽しみは増すわけで。食事処も家族づれで大いに賑わっていた。スーパー銭湯としては珍しく貸切家族風呂もあって、その数なんと11室。いまどきの施設だから若年層が多いかと思いきや、あらゆる客層の満足を得ている様子。もし首都圏にも出店したら、驚異の存在となるだろう。

延羽の湯 鶴橋店
源泉/神雛の湯(ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩温泉)
住所/大阪市東成区玉津3-13-41 [地図]
電話/06-4259-1126
交通/大阪環状線・近鉄・地下鉄 鶴橋駅より徒歩5分
料金/大人850円、小人450円、3歳以下無料
     ※フェイスタオル付き
     薬石汗蒸幕利用は別途大人1,050円、小人650円
時間/9:00〜26:00、年中無休