旅は哲学ソクラテス

興味があるのは風呂屋めぐりとベイスターズです。それ以外のことにはあまり興味がありません。
日帰り温泉・スーパー銭湯・町の銭湯・共同浴場・サウナ・健康ランド・野湯など守備範囲は広めです。
行動範囲は神奈川を中心とした1都3県と静岡、山梨です。

キャナル・リゾート(名古屋市中川区玉川町)

キャナルリゾート(名古屋市中川区玉川町)名古屋はスーパー銭湯の激戦区だ。首都圏にも進出し、いまや飛ぶ鳥落とす勢いの竜泉寺の湯。名古屋近郊でチェーン展開する喜多の湯。ほかにも強豪施設が数ある中で、2014年末にオープンして一躍話題となったのがキャナルリゾートだ。クチコミサイト@nifty温泉の東海地区トップに君臨し、その人気ぶりはこちらにもちらほら聞こえてくる。

キャナルリゾート(名古屋市中川区玉川町)現地を訪ねてみれば、テーマパークを思わせる外観演出にまず驚く。夜のイルミネーションも素敵だ。エントランスに流れるメロディーは、♪キャナルキャナルリゾート〜 48.8℃の奇跡〜。やや強引な歌詞であるけれど、なんだかご機嫌だ。そして、フロントには入館と精算の客が入り混じって長蛇の列。平日の夕方でこんな光景を見せつけられると、休日の混雑が心配になる。フロントの対応人員を増やすか、オペレーションをシンプルにすれば渋滞はいくらか解消できそうだが。

キャナル・リゾート(名古屋市中川区玉川町)長い廊下の先には畳コーナーとソファのある小空間。風呂のみ利用だとここが休憩スペースとなるが、大型施設には見合っていない気も。とはいえ、岩盤浴利用の割合も高いだろうし、そちらにはリクライニングシートなど充実した内容と広さ。食事処もゆったりとしており、まるでパーキングエリアのフードコートのよう。なぜか人影まばらで、もっと客を呼び込みたいところだが、いかんせんメニューの少なさはいかがなものか。

キャナル・リゾート(名古屋市中川区玉川町)

浴室内のメインは炭酸泉。電気風呂、ジャグジー、入浴剤を使用した季節湯も。「48.8℃の奇跡(=天然温泉)」は露天風呂のみ。上下2段の流れの湯(テレビ設置)、壷湯、腰掛湯、寝ころび湯と、目新しい発想や仕掛けは特になし。温泉は無色透明で、地下1,000〜1,200mより毎分240リットル湧出。名古屋の温泉事情について詳しく知らんが、「奇跡」が意味するのは泉温か泉質か。有名温泉地と同じ泉質とアピールするも、非火山性・化石海水型なら海に近い各地に湧く。

キャナル・リゾート(名古屋市中川区玉川町)

期待していたほどのリゾート感はなく、肩透かしを食らった気分だが、サウナだけは満足いくレベル。広い室内にはストーブ2基、突き刺す熱さだ。ロウリュは11:30、15:30、19:30、23:30の毎日4回開催。「キャナル〜」「熱波!!」の合いの手で扇ぎ進めるが、熱気でやけどしそう。熱波師のトークと技術次第では、もっと盛り上がるはず。ほかに塩サウナも。一人用のキンキン水風呂があるのも面白い発想だし、露天にも水風呂があるから、そのまま外気浴するもよし。

キャナル・リゾート(名古屋市中川区玉川町)
(パンフレット表紙の誤植に気付いているのだろうか…奇跡の“天燃”温泉リゾート)

岩盤浴エリアの大型化、休憩スペースを含めた充実ぶりは近年の流行と言える。とかくキャナルの広さには驚いた。「5種類の本格岩盤浴」のうち1室は雪降るクールルームだが、ほか4室は雰囲気や趣向が異なる。リクライニングシートや1万冊のコミックコーナーなどでのんびり過ごす客が多く、平日夕方ですら空きをうかがうよう。4月の増設を待ち望む声も多そうだ。

「今話題!!芸能人に人気の溶岩石を使用!!」の謳い文句にミーハーぶりを感じるが、「奇跡の天然温泉リゾート」「有名温泉地と同じ」など、派手な表現を名古屋の人は好むのか。館内のサイン表示も大きくわかりやすく、首都圏民にわかりやすく喩えるなら、竜泉寺の湯の洋風版。客層と同様に若く、勢いのある店だ。リゾートなのだから、もっとはじけちゃってもいいのに。


キャナルリゾートの紹介は7:46まで(情報混浴サウナステーション2015.9)

キャナル・リゾート
源泉/玉川天然温泉(ナトリウム−塩化物泉)
住所/名古屋市中川区玉川町4-1 [地図]
電話/052-661-9876
交通/金山駅・名古屋駅・桜山駅から無料送迎バスあり
     ※運行ルートや出発時間など詳しくはホームページを参照のこと
     ※無料駐車場約340台分あり
料金/(平日)大人700円、子供300円
     (休日)大人800円、子供350円
     ※大人は中学生以上、子供は4歳〜小学生、3歳以下無料
     岩盤浴は平日大人700円・子供300円、休日大人800円・子供350円
時間/9:00〜25:00(金・土・祝前日は2:00まで、土・日・祝日は8:00から)
     年中無休

※岩盤浴とリゾートラウンジの新設に伴い、4/3〜4/25は休館

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)週イチ休みなのに、ふと思い立って名古屋を訪ねた。深夜の高速バスを調べてみたら、東京・横浜を出発して明け方に名古屋に到着する便が、直前割引きだと片道2,000円弱。下手したら千葉や埼玉に行くよりも安く、東名秦野BSにも停まるから個人的には都合がいい。バス代は曜日や時期によって変動するので、興味がある方は杉崎高速バスのサイトで確認してほしい。

名古屋には定刻通り5:45に到着。目指すはウェルビー名駅だ。モーニングサウナなら通常料金より割安だし、13時まで滞在できるから、時間を気にせずサウナと向き合い、その後のうたた寝も。名古屋駅から南へ真っすぐ徒歩5分、名鉄レジャックビルの4階へ。

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)以前訪ねた栄店よりずっとコンパクトで、リクライニングシートの休憩室を中心に、ロッカー、浴室、レストラン、ネットブースと必要な要素はすべて隣り合っている。浴室にはバイブラ湯とその一部に寝湯ジャグジーと寝ころび湯。そして打たせ湯のように水が落下する水風呂。ウェルビーだから冷たさにも気合いが入っているかと思いきや、水温は15℃くらいだったから我慢できちゃう。水に打たれて気分爽快。

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)そして、個性的なサウナが3室。フィンランドサウナはストーブ2基の本格派で、ウェルビー名物のストレッチロウリュを16時、18時、20時、22時、24時の計5回開催(休日は14時も)。塩ミストサウナには霧が降り注ぎ、室内に吊るされたヴィヒタ(白樺の小枝を束ねたもの)の香りが清涼感を漂わせる。もちろんヴィヒタで身体をバシバシ叩いて、フィンランド気分を満喫するもよし。

個人的にお気に入りは森のサウナだ。薄暗く狭い室内だが、ここではセルフロウリュを楽しめる。ほどよい熱さに設定されているけれど、もうちょっと熱さ(湿度)が欲しい時は、小さな柄杓で1〜2杯。他の客への声掛けをお忘れなく。手桶で乱暴にバシャっと掛ける客がいてうんざりした。白樺とケロ材、ヴィヒタの香りが漂い、気分はさながら森林浴。サウナハットも流行の予感がする。

サウナのあとはデッキチェアで休息を。サーキュレーターの前が特等席で、火照った身体を一気にクールダウン。効率よく水分補給を図るためにも「サウナ水」はありがたい。経口補水液をアレンジしたというが、生姜の味付けを施したものは市販熱望の傑作だ。

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)そして、リクライニングシートで寛ぎのひととき。支配人お手製のアイマスク(ホット/クール)など心憎い気遣いも。フリーWi-Fi完備だが、ネットブースで次の目的地を検索し、たっぷり5時間満喫させてもらった。全102室のカプセルホテルもあるから、旅行やビジネスでの宿泊(4,220円〜)にもおすすめだ。なにしろ名古屋駅至近。それでいて本格的サウナが楽しめるとあっては、利用しない手はない。

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店(名古屋市中村区名駅)

サウナ&カプセルホテル ウェルビー名駅店 ※男性専用
住所/名古屋市中村区名駅南1-25-2 名鉄レジャック4F [地図]
電話/052-586-2641
交通/JR・名鉄・近鉄・地下鉄「名古屋」駅より徒歩5分
料金/通常サウナ2,570円(深夜0:00〜6:00は730円加算)
     60分サウナ1,540円
     モーニングサウナ1,540円(6:00〜13:00)
時間/24時間、年中無休

隠れ湯の宿 川の家(千葉県大多喜町葛藤)

漫画家つげ義春は鄙びた鉱泉宿を好み、若かりし頃は全国各地を旅している。その旅のなかでも、”年金暮らしの下見”を兼ねて訪ねたのが養老渓谷。房総半島の中央に位置し、新緑や紅葉の渓谷散策もさることながら、黒褐色の温泉人気も高い。現在10軒の宿が養老渓谷温泉郷として点在し、このうち1軒だけぽつりと離れているのが川の家だ。

隠れ湯の宿 川の家(千葉県大多喜町葛藤)

渓谷めぐりのメインアクセスとなる県道81号線から細い道へと折れる。素掘りのトンネルは昼間でも薄暗く、ゴツゴツとした岩肌と鬱蒼とした雰囲気が不安をかき立てる。やがて見える光の先は養老川の渓谷だ。川の家は断崖絶壁の川べりに建つ。建物の土台はH鋼で支えられ、よく見ると一部は空中にせり出している。


この続きは、いかす温泉天国(まぼろしチャンネル)にて
「No.19 川べりの鄙び宿に、侘しい洞窟温泉」



隠れ湯の宿 川の家
源泉/養老温泉(ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉)
住所/千葉県夷隈郡大多喜町葛藤932 [地図]
電話/ 0470-85-0021
交通/小港鉄道養老渓谷駅より徒歩25分
料金/日帰り入浴1,000円
時間/日帰り入浴11:00〜14:30
カテゴリー
タグ絞り込み検索
コメント
月別アーカイブ
記事検索
プロフィール
ツイッター
まぼろしチャンネルで連載中!
まぼろしチャンネル

昭和レトロ総合サイト「まぼろしチャンネル」で温泉レポート連載中。全国から選りすぐったディープで、どローカルな温泉をご紹介します。「いかす温泉天国」(5ch)をよろしく!
当ブログ掲載の情報について
当ブログでご紹介している温浴施設の情報は、すべて自ら訪問し記録したものです。再訪時に料金・設備等で変更点があればその都度追記していますが、施設によっては現在と異なる点がありますのでご了承ください(⇒情報をお寄せください)。 また、当ブログ記載の「交通」は、各施設の公式サイトやパンフレットで公表している情報です。公表なき場合は1分=80mとして計算しています。
神奈川県の銭湯料金
神奈川県の銭湯の料金は下記の通りです。
・大人470円(12歳以上)
・中人200円(6歳以上12歳未満)
・小人100円(6歳未満)
銭湯にはタオル、ボディソープ、シャンプーを持参して行きましょう!

神奈川県浴場組合ホームページ
ベイスターズニュース
面白かったら↓をクリック!

にほんブログ村 旅行ブログ 日帰り温泉・スーパー銭湯へ
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
blogram投票ボタン


人気ブログランキングへ
アクセス数(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
メッセージはこちらからどうぞ