サウナあかし(大阪市中央区東心斎橋なんばから道頓堀川を東へ歩くと宗右衛門町。夜になれば怪しくネオンが灯るであろうこの界隈は、かつて花街として賑わったという。昼間はいたって平和だが、あかし湯とサウナあかしもまた夜と昼とでは違った表情を見せるのだろうか。同じビルで公衆浴場とサウナ店を兼営する例は他都市にもあるが、客層は異なるのだろうか。これもまた気になるところ。

サウナあかし(大阪市中央区東心斎橋)今回訪ねたのは3階のサウナあかし。電飾のスタンド看板といい、コルクボードの営業案内といい、初めてだとなかなかの敷居の高さ。とはいえ手ぶらで訪ねて1,000円なら安いし、昼間は客が少なくて気楽でいい。入浴料を支払い、ロッカーの鍵を貰う。浴室はすぐ隣接しており、銭湯のシンプル版といった感じ。

サウナは遠赤ヒーターで、「床に水を撒かないでください」といった注意書き。理由は下の階が漏水するから。石積みのストーブではないし、ならば床ロウリュと試みた人がいたのだろうか。年季を感じさせるサウナ室だが、ほどよき熱さと水風呂のほどよき冷たさ。

サウナあかし(大阪市中央区東心斎橋)銭湯のロビーを若干広くして、中小企業の応接室っぽい雰囲気の休憩室。螺旋階段を上がるとマッサージや鍼灸。間取図を描いたらデザイナーズ系と言えそうだけど、コテコテの大阪弁でまくしたてながら電話しているおっちゃんがいて、聞こえてくる内容からしてナニワ金融道かと。ペラペラの下衣に上半身裸だし、なんだか落ち着かないし。夜が更ければ近隣にお勤めの方々が、疲れをいやしに来るのだろう。ナニワの地元風情を感じたい方はぜひ。

あかし湯(大阪府公衆浴場組合)

サウナあかし
住所/大阪市中央区東心斎橋2-2-17 [地図]
電話/06-6211-7464
交通/地下鉄千日前線・堺筋線 日本橋駅より徒歩5分
     地下鉄鶴見緑地線・堺筋線 長堀橋駅より徒歩5分
料金/1,000円
時間/13:00〜24:00、日曜日・祝日定休

サウナあかし(大阪市中央区東心斎橋)